講座「中将姫さまを想う~ようこそ、称讃浄土経の世界へ」を2018年8月18日(土)、奈良・平城宮いざない館で開催します!

「中将姫さまを想う」
中将姫さまを想う~ようこそ、称讃浄土経の世界へ~

奈良時代の伝説の女性、中将姫様をごぞんじですか?

深く信じるこころ、決断力、芯の強さなど、いまの私たちからみても魅力的な女性です。その中将姫さまが千巻写したのが、称讃浄土経です。今回の講座では、その称讃浄土経とはどんなお経なのかについて、當麻寺中之坊 松村實昭師をお招きし、わかりやすくお話しいただきます。

現在當麻寺中之坊には、中将姫さまのものと伝わるお経伝わっており、その文字をうつすお写経をすることができてます(全15回)。講座後、初回のお写経を会場ですることができます(別料金・希望者のみ)

開催日時 2018年8月18日(土) 11:00~12:30(講座)
2018年8月18日(土) 13:00~14:00(お写経・希望者のみ)
開催場所 奈良・平城宮いざない館 多目的室
参加費 講 座:おひとり2,500円
お写経:おひとり1,500円(写仏筆、写経用紙1点、タオル付)
講師 當麻寺中之坊 院主 松村實昭師
 現 中之坊院主。
 僧正位。
 當麻寺前住職。
 大峯山大先達。

昭和47年 奈良県生まれ。
昭和57年信貴山で得度、平成8年高野山で阿闍梨位を授かり、平成9年當麻寺に入寺。伝統の「當麻曼荼羅絵解き」を口伝継承し、中之坊客殿で定期的に実修するほか、大本山総持寺(神奈川)や国立劇場(東京)など各地で口演布教に活躍する。また、平成17年には當麻曼荼羅の写仏道場を開設し、出張教室開催や文化センター講師を務めるなど、宗教体験を目的とした写仏の指導者としても知られている。

参加特典 ・當麻寺中之坊 拝観券
・オリジナルお写経用ミニトートバッグ
お申し込み方法 フォームからお申し込みください。
詳細・お申し込みはこちら

中将姫様手ぬぐいを作りました!
当日、会場で販売しまーす!